イベントでのウイルス感染予防および拡散防止対策について【3月1日更新】

イベントでのウイルス感染予防および拡散防止対策について【3月1日更新】

名大社では、感染症対策を徹底して行った上で、イベントを開催いたします。対策の内容については下記の通りです。
ご来場の皆様には、ご理解、ご協力をお願い申し上げます。

<会場内での対策について>

・会場スタッフおよび参加される企業様、ご来場者の皆様に、受付時にサーモグラフィ・非接触体温計による体温の測定を実施します。発熱症状(37.5℃以上)が確認された場合、ご入場いただくことはできません。
・会場出入口及び場内各所にアルコール手指消毒液を設置します。
・会場内の全ての方に対し、マスクの着用を徹底します。また、マスク着用の上での面談を徹底します。
・会場内の定期的な換気を実施します。
・場内の備品など不特定多数の接触がある共有部分の定期的な消毒を行います。
・会場受付と企業ブースに、飛沫防止対策として透明ビニールと吊り下げスタンドをご準備します。
・企業ブースの配置間隔、講演会場の配席間隔をあけて設置します。
・会場内の混雑状況に応じて、入場人数の制限を行う場合があります。
・手洗い、咳エチケット、ソーシャルディスタンスなどのポスターを掲示し、全ての方に協力をお願いします。

<ご来場予定の方へのお願い>

以下のことを徹底していただくよう、ご協力をお願いします。
・マスク着用のうえご来場いただくこと。(マスクの無い方には受付にて配布します)
・手洗い、消毒液の活用など、会場内での予防対策を行っていただくこと。
・風邪のような症状があるなど、体調に不安がある場合は、来場をお控えいただくこと。
・イベント開催日より14日以内に海外への渡航歴がある方、渡航歴をお持ちの方と接触された方はご来場をお控えいただくこと。

弊社のイベント開催に関してご理解、ご協力を賜りたく、何卒お願い申し上げます。